ワンナイト体験談

ワンナイトセックスのお誘い!アラサー看護師との出会い

ワンナイト体験談

こんにちは、今回はワンナイト、一夜限りの出会いのお話です。(実際は一夜でなく一昼ですが)

映画のワンシーンでも想像されるかもしれません、「あの女性にこれを」→「お客様からです。」っていうやつ(笑)。

憧れるシーンですが、そんなものはなかなか出来ませんよね(笑)。

そういったワンナイトではないですが、出会い系サイトならではのワンナイトラブならぬワンナイトセックスもできちゃます。

それを目指してシコシコ日記活動しているわけではないですが、たまにある出会いが一夜限りでエッチしませんか?というお誘いです。

僕も男性ですので男性バージョンで考えてみましょうか^^

来週の火曜日に東京に出張が決まったとしますよね。

そこでなにか楽しい(エッチなこと)はないかと風俗の情報サイトを見たりする方も多いと思います。

いや、僕も営業していたことがあって、出張のたびになにかないか探してたという恥ずかしい経験も持ってますからね。

女性にとってもせっかくの出張、仕事はしっかりしても夜はなにかないかな~と考えるのは当然ですよね。

もっともほとんどの女性はおいしい食事だったりするのかもしれませんけど。

今回の紹介は食事だけでなく、エッチなことも!っていう女性との出会いです。

今度名古屋に行くので一夜限りとかはだめでしょうか?

はい、女性は30歳のアラサー女性、岡山から名古屋に出張で来るというメッセージ。

最初は毎度来ている業者参加と思ったのですが、プロフィールを見てみると、普通の女性。

変な違和感もありません(業者さんってなれてくるとすぐに見分けがつきますよね^^)。

OLさんかと思ったのですが、看護師さんでした。

なにやら名古屋で看護師の集まりがあるらしくて、その会合が終わった翌日はひとりで観光しようか考え中とのこと。

でも、以前からたまたま僕の日記を見ていてくれたらしくて、名古屋に行くのだったら!ということで思い切って連絡をくれたのです。

さすがに出張でのついでとは言え嫌な思いをさせたくないので、ラインでお互いのことを知ったり通話したりしたのですけどね。

そしたらなんとなく良さそうだったし、女性の方も興味を更に持ってくれている感じでワンナイトセックス決定となったのです。

実は既婚者だったナースのみわちゃん

みわちゃん(もちろん仮名ww)と約束の日に宿泊していたホテルに迎えに行きます。

セックスだけでは、ということで食事も行こうということになっていました。

とりあえず名古屋に来たらうなぎでしょ!ということで熱田区にある有名店に。

(まあ、ほかのうなぎのほうが好きなんですけどね)

お店に向かう途中で左手に違和感を感じちゃったんです。

あれっ指輪?って(笑)。

たしかプロフィールには独身って書いてあったような記憶がしてたんですが一応聞いてみる。

「あっよく見てますね(笑)、実は結婚してるんですよ。いやでしたか?」

そう聞かれたので僕はむしろそのほうが気分的に楽だし、人妻さんって聞くとドキドキするって答えるとクスッと笑っていました。

なぜ独身にしているかと言うと人妻だってことで、既婚者はもちろん、独身の若い男性までガンガンアプローチが来て困るからだと言っていました。

僕はなるほど~それであんなに真面目なプロフィールにしてるんだと納得する(笑)。

で、いろいろ探りながら聞いてみると地元に彼氏がいるってことも判明。

ただ、地元の彼氏は精神的な支えって感じで、セックスには満足はしていないということも言っていたのです。

やっぱり会ってみて初めて解る、話せることって多いのですよね^^

ホテルにイン

ホテルはみわちゃんが用意してくれていた。

シティホテルのデイユースでした。

職業柄かラブホテルって嫌いなのだそう。

ホテルにチェックシンして「ビール飲んでいい?」と言いながら僕はコーヒーで談笑。

看護師さんの苦労話や彼氏の下手なセックスの愚痴など聞いていたwww

ソファに並んで座っていたので、しゃべっている途中にみわちゃんからキスをされる。

「あつしさんって意外に奥手っぽいよね。エッチはいろいろしてるのに(笑)」

と言いながら最初はおまかせで楽しむことになった。

10分ほどだったか、恋人同士のような感じで楽しんだ後はみわちゃんがシャワーを浴びに行く。

ベッドイン

後から僕もシャワーを浴びていよいよエッチの始まりだ。

さっきまであっけらかんのみわちゃんも大人の顔つきになっていたような気がした。

今度は僕がリードしてキスをする。

「あっ、あつしさんさっきと違う(笑)。本気になっちょる」とみわちゃん。

そうそうやっぱり気持ちよくなってもらわないと僕を選んでもらった意味がないと頑張っていたwww

キスをしながらいつものように指で全身を愛撫していきます。

みわちゃんも同じように僕の背中に手をまわして、やさしくなでてくれていました。

心地の良い時間が流れていきます。

「今日はすごくエッチになってしまうかも。あつしさん期待してる」

と言葉攻めされた(笑)。

下半身のほうに手を当てていくと毛がない。

みわちゃんはオケケを脱毛していてパイパンだったのだ、それもドッキリの一つでした。

「今日のためにしてきた」とニッコリとみわちゃん。

指先の愛撫で気持ちよくなってくれているみわちゃんでしたが、いきなり。

「もうエッチな気分になってきたよ。おちんちんおっきくなってるね。舐めたいな。」

という積極性。

うんと僕が言うと布団に潜り込んでフェラチオをしてくれる。

奉仕タイプのMさんだったのだ。

布団が邪魔でみわちゃんのきれいな体が見られないので、僕は布団をめくる。

そうしていると僕の上の方にやってきた乳首も愛撫してくれる。

いまのところ完全にみわちゃんにやられっぱなしの状態だった。

ただ、それでもみわちゃんのエッチな雰囲気は心地よかったのでそのままのペースでエッチは進んでいった。

「私気持ちよくしてもらうのも好きなんだけど、するのも好き。男の人が感じている姿ってかわいいし」

それまでラインで通話してたことを思い出した。

しばらくはみわちゃんのエッチなお口をたくさん味わったのです。

シックスナインで舐めあいっこ

僕はみわちゃんのフェラチオなどを味わいながら、手の届く範囲で優しく愛撫をしていた。

それがみわちゃんがもっとも喜んでくれていたことだった。

僕もそのエッチなみわちゃんの声や身体で興奮マックス。

僕もみわちゃんのオマンコ舐めたいと言うとシックスナインで舐めあいっこになった。

目の前で見るパイパンオマンコ。

みわちゃんのエッチなオマンコがしっとりと濡れていました。

僕も優しくクチュクチュと音を立てながら舐めていきます。

「ああ・・・気持ちいい。やっぱり気持ちいい。」

みわちゃんは気持ちの良い声を出してくれています。

こちらが大きな音でなめるとみわちゃんも唾液をいっぱい出して僕のおちんちんもクチュクチュとピストンしてくれます。

2つのお互いのエッチな音が部屋に広がっていたと思います。

夢中で舐め続けていた僕、そして後から聞いたらみわちゃんも感じながらも感じすぎないよに頑張って舐め続けてくれていたってことでした。

生でおたがいのあそこをこすりつけあう

体制はもとに戻り、みわちゃんが上になる。

そして僕はキスされる。

今度は深くやさしいディープキスになっていた。

キスをしながら僕はみわちゃんを抱きしめて、自分のおちんちんをみわちゃんのオマンコに当てていく。

そして腰を上下して、クリトリスやオマンコの入り口をおちんちんで愛撫していきました。

「あっ~ん。当たってるよ・・・・ぞくぞくしちゃう」

そう言いながらみわちゃんは僕のおちんちんに自分のモノをこすりつけてくれます。

もう僕のおちんちんは我慢汁と愛液でグッショリになっていました。

抱きしめ合いながら、セックスの直前のオマンコとおちんちん。

お互いもう入れたくなっていたのです。

おちんちんとオマンコ合体

そうなってしまえば、もう入れるしかなくなるのが男と女。

僕は持ってきたゴムをみわちゃんに取ってもらい寝転んだまま装着します。

つけている間もみわちゃんは僕のお股に顔を突っ込んでアナルの方を舐めてくれていました。

自分のオマンコも同時に気持ちよくしながら。

ゴムを付けるとみわちゃんは僕の上に覆い被さってきます。

すぐに入れようとせずに、僕は焦らされながら首筋を舐められています。

さっきと同じように僕はおちんちんをオマンコにこすりつけていき、入れようと腰を上に。

そうするとうまくみわちゃんにかわされてしまったり。

「あっ~ん。硬い。早くほしい~」と意地悪に微笑むみわちゃん。

そう言ってからズズズッって感じに僕のものをオマンコに入れてくれたのです。

「あっ、やっぱりすごい。すごく気持ちいいっ!」

みわちゃんはゆっくりと味わうように腰をグネグネとさせて、僕のおちんちんをオマンコの壁にすべて当てていくように動いていきました。

特に一番奥に自分で当ててグリグリとしているときに、僕が微妙に腰を揺らしたのが良かったようで、

「ああああっ!そっそれっ。揺れるっ。あっ。」

腰をビクビクしながら、手を僕の胸に当てて快感をむさぼっていました。

僕はそのエッチな姿とおちんちんの気持ちよさでうっとりとしたことを覚えています。

お互いにイクっていう方向性もなくゆっくりとおちんちんとオマンコを楽しむという騎乗位。

時折ビクビクっと小きざみに震えるみわちゃん。

「いいっ、このおちんちん好き。イッたらあかんよっ」

と言いつつもゆったりと腰をグラインドさせるみわちゃん。

そしてイキそうになったのか、身体をのけぞらしながら自分の腰をグリグリと僕に押し付けてきてました。

「あああっ。イキそう!イクッ。」

小さな声でそういった瞬間、ビクビクビクッとして絶頂に達してしまったみわちゃんです。

僕の上にしゃがみこんでハアハアと息を整えていました^^

対面座位からの正常位で

旦那さんや彼氏さんではなかなか中でイクって言うことがないみわちゃん。

先に相手に逝かれてしまうということ。

確かにこんなに気持ちいいオマンコは久しぶりの体験。

ゆっくりと動いてくれたから我慢できましたが、アダルトビデオの女性のようにガンガン騎乗位でやられていたら僕もあっという間に撃沈していたでしょう(笑)。

入れたままの状態でのみわちゃんの休憩が終わってから僕は体を起こして座位の形に。

今度は僕がみわちゃんのおっぱいを揉んだり舐めたりしながら、みわちゃんが腰をグリグリしてきます。

たっぷりたっぷりキスも味わいます。

「あつしさん、すごいよっ。またイケそうになってる。」

グネグネしながら気持ちいいところを探りながら腰を押し付けてくるみわちゃん。

僕のおちんちんの根本は愛液でベタベタになっています。

「あぅっ。ここっ。いいっ、」

そう言いながらまたグリグリと。

僕もかんじるみわちゃんの顔だけでイキそうになってきます。

「みわちゃん、気持ちいいっ。やばいよ。」と僕。

「だめっ、イッちゃダメッ。」

そう言いながらみわちゃんは続けていくのです。

そうしながら絶頂を迎えてしまったみわちゃん。

抱き合ってキスしてしばらくはそのままで僕も絶頂を押さえます。

「ごめんね。こんなにエッチになって我慢できなくなってきて。」

僕は黙ってキスをする。

そしてみわちゃんを寝転して正常位の形に。

すごい快感を我慢していて、落ち着いたのか僕のおちんちんは少々回復加減でした。

みわちゃんにもたれかかり、腰を振りそしてスピードを上げていく。

「あっああっああっ。すっごいっ。いやっ、いやっ。」

僕は「もうイキたいっ。イッていい?思いっきりみわちゃんに出したいっ」

そういうと「うん、もっと、もっとっ~」

ガンガン突いて気持ちのいい射精をしてしまったのです。

時計を見ると17時前チェックアウトの時間。。。

しばし休憩をしてイチャイチャを楽しんでいて時計を見てみるとチェックアウトの時間に近づいていました。

まあ、大きなホテルなので出ていってくれというコールはないとは思いましたが、お互いに顔を見合わせ準備をします。

シャワーも浴びずにタオルで体を拭いただけで服を着る。

楽しんだ後のバツのような忙しない空気でした(笑)。

チェックアウトの手続きをみわちゃんが済ませて、僕の車に乗り込んだとき、

「あつしさん、時間ある?私は最悪最終でいいんやけど。」というみわちゃん。

結局、きれいめのラブホテルに行って夜まで過ごしてしまったと言う結果になった出会いでした。

その後気に入ってくれたようで、数ヶ月に一度突然ラインが飛んできます(笑)。

 

 

モテナイ僕がこんな体験談を書けるのは出会い系サイトのお陰

イケメンでもない、お金持ちでもないし軽自動車しか乗れない僕。

でも、出会い系でコツを掴めばこんな体験ができています。

簡単に出会えるって始めると失敗しますが、いろいろ作戦を立てれば、出会いやエッチしたい女性が集まっているのが出会い系サイト。

だって、ほとんどの人が寂しいとか、欲求不満があるから出会い系サイトに来てるんですからね。

いろんな女性と出会ってから自信が持てるようになったのも出会い系サイトで出会った女性のお陰です。

ぜひ始めてみて、コツを掴んでエッチな女性をゲットしてくださいね。

おすすめの出会い系サイト3選

僕が使っているサイトは3つです。

いままでその他も使ってましたけど、エッチな出会いができた体験談のほとんどがこの3つの出会い系からです。

PCMAX

このサイトで半分以上エッチをしてきたのがこのサイト。
掲示板に書かれているのに飛びついて行ってうまく行ったこともあります^^

もちろん、掲示板の女性から選んでもらうためのコツも必要です。

とりあえずこれは僕にとって必須の出会い系サイトとなっています(笑)

※6日間連続のログイン(出席確認)で8ポイントもらえるイベントもずっとやっていますので、貯めながら日記でエッチな女性を集めればお金はそれほどかかりませんよ^^

ハッピーメール

こちらは若い女の子が多い印象です。

真面目な出会いも求めているけど隠れエッチもいます。

こちらも無料で始められるので押さえておいて損はないです。

ワクワクメール

こちらは真面目な出会いも多い印象があります。

一番相談されたサイトがこちら(相談だけね)。

ただ、お誘いも一番多かったのがワクワクメールなんです。

しかし、熟女さんやぽっちゃりさんの欲求不満の方が多くてお断りしていました(汗)

誰でもいいから!っていう男性には外せないサイトかもしれません。

でも、体験談の2割弱はこのワクワクメールからですよ^^

最後に。

日記を続けていると知らない女性から声をかけてもらえるようになるっていうのが不思議な体験です。

普段の生活で女性から声をかけられるってないですよね。

ネットの世界ではあり得るんですよ。

特に出会い系サイトではこころがさみしいとか、身体がさみしいとか(笑)。

面倒になるときもありますよ、日記を続けるのって。

でも、突然やってくるんですよ。

嬉しいハプニングが!

勝手に想像されて、勝手にいい男性だと思ってくれる。

実際にがっかりされることもありますが(汗)、何十人とセックスで出会ってくると自信になるし、がっかりされても「いや、女性にもいろんな好みがあるしっ」って開き直れるんですよ。

とくに「この女性しかいないっ!」って思い込んでしまって失敗してる男性にやってみてほしい(あっ過去の僕のことでした)と思います。

では、ご覧頂きありとうございます!

また!

 

 

 

ワンナイト体験談
最新情報をチェックしよう!